「ノンバイナリーはすごく普通」by エミリー・ナゴスキ博士

7月14日は「ノンバイナリーの日」であり、今週はノンバイナリー認知週間ということで、いまアメリカで大人気の性科学者であるエミリー・ナゴスキ博士の「ノンバイナリーはすごく普通」という記事を紹介します。
此花わか 2022.07.15
読者限定

こんにちは。ジャーナリストでセックス・エデュケーターの此花わかです。東京は梅雨が復活したかのような土砂降り。みなさま、いかがお過ごしですか?

***

7月14日は「ノンバイナリーの日」であり、今週はノンバイナリー認知週間ということで、今回はいまアメリカで大人気の性科学者であるエミリー・ナゴスキ博士のメルマガを私が意訳しました。私もノンバイナリーの専門家ではないので、誤訳があるかもしれません。その場合はご指摘くださいませ。※本記事は生物学を単純化して書いています by エミリー・ナゴスキ博士

この記事は無料で続きを読めます

続きは、4085文字あります。
  • ●まず、この違いを確認しておきましょう
  • ◼ジェンダーを男性か女性の二択のみの生物的性で分類する「ジェンダー・バイナリー」とは?
  • ◼シスジェンダーとは?
  • ◼トランスジェンダーとは?
  • ◼ノンバイナリーとは? トランスジェンダーのもとに識別される場合もそうでない場合もある
  • ◼ジェンダー・バイナリーは生物学に基づいたものではない理由
  • つまり性器も染色体も、バイナリーではないということ。
  • ◼バイナリー以外のジェンダーがある文化
  • ●4つのジェンダーがあるサモア文化
  • ●4つのジェンダーがあるナバホ文化
  • ●5つのジェンダーがあるインドネシア・ブギス文化

すでに登録された方はこちらからログイン

セックスをしてもセックスレスは解消しない……パートナーとの性的相性の悪...
誰でも
「無償の愛」「永遠の愛」「運命の恋」イデオロギーの危険性。恋愛が上手く...
読者限定
愛があれば何でも乗り越えるべきなのか?「トキシック・リレーションシップ...
読者限定
「セックスに没頭できない」「オーガズムを感じない」その原因は"観戦型セ...
誰でも
性機能障害や性欲減退に悩む人に知ってほしい「スティック」方式とヒーロー...
読者限定
「中イキってどうやるの?」女性の膣内オーガズムを高める方法と「女性が求...
誰でも
「パートナーの性欲を高めたい」「自然なセックスをしたい」「パートナーに...
誰でも
映画のYouTubeチャンネル【Movie Repository】を開...
読者限定